1週間でお腹をへこませると、3キロ痩せるってホント?

読みもの

ちょっとおしゃれなドレスやビキニの水着など、ウエストを強調したものを着る時には自分のお腹周りも気になってしまいます。
3か月以上も時間があれば、ダイエットを兼ねて3キロ痩せて、ウエストを細くすることも難しくないです。
しかし急にドレスや水着を着る予定ができますと、短期間でできる方法がないのかと探したり、人によっては断食してという無茶苦茶なことチャレンジすることもあります。
やっぱり1週間でお腹を3キロ痩せることは無理なのかというと・・・やり方によっては可能なのです。

食べ物に気を使う

ダイエットではないので無理な食事制限するわけではないですが、白米や麺類など糖質が含まれている食べ物の量を普段よりも抑えておきます。
また油ものの摂取も抑えておきたいですが、肉類、魚類など食べ物の中にも含まれていますし、体質によっては肌が乾燥しがちになってしまいます。
その為、多少の油分は摂取しても問題ないことから、普段の食事を見直すことで適度な分量で押さえておきましょう。
逆に肉類や魚類を含めて野菜や豆類、海藻類などは体作りにとっても必要な栄養素も含まれていることから、普段通りに摂取します。
その上でやっておきたいことは、意識してお腹をへこませてみましょう。

軽めの筋トレ

やり方としては背筋を真っ直ぐにして立ってから、息を吸うのと同時にお腹をへこませます。
最初は難しいので、壁に立ってからおこなったり、手でお腹を押さえておくことでへこませる意識をしやすくなります。
また息を吸った時に肩が上がりますと、お腹のへこみに意識していないことから、肩に力を入れないことがポイントです。
息を吸ってへこませてから、その状態のまま30秒間キープします。
息を吸うのと同時に吐き出すとお腹が元に戻りそうだと思います。
しかしお腹がへこんだままの状態でしたら、呼吸をすること自体問題がないので、キープしたままゆっくりと息を吐きしながら、お腹のへこみを崩さないようにしましょう。
30秒間お腹のへっこんだ状態をキープしましたら、その後は、一旦体の力を抜いてリラックスした後、もう1回同じことを繰り返します。
これを朝と夜2回ずつ繰り返し、お腹をへこませることができます。

お腹をへこませることを意識することによって刺激も与えることから、体内に溜まっている老廃物も出しやすくなってきます。
とくに便秘体質の人にとっては、食事内容も見直していますのでスムーズに排出することによって、1週間でお腹を3キロ痩せることもできます。
この方法の場合は体型を維持している人よりも、お腹周りに脂肪が付いていたり、便秘体質の人ほど効果が感じやすいです。
普段から食生活が乱れている人も、改善されながらお腹周りを意識して生活しています。
また代謝が衰えていても刺激によって、お腹周りの血行が良くなっていますので、1週間でお腹を3キロ痩せたい人にはおススメです。

タイトルとURLをコピーしました