1週間でお腹をくびれさせる簡単で効果的な方法はコレ!

読みもの

年齢を重ねるごとに何故かくびれがなくなってしまっていませんか?

なくなってしまったくびれを取り戻したいと思ている人は多くいると思います。
くびれを取り戻すのは難しいのか?そんなことはありません。

1週間でお腹をくびれさせる簡単な方法を紹介したいと思います。

1週間でくびれを作るには

まずは自分のくびれのサイズを測りましょう。

日本の30代女性のくびれの平均は68センチです。
これは一般女性の平均サイズであって理想とされているのは58センチから60センチと言われています。

そして自分のくびれの目標を決めましょう。
目標を決めることでくびれを作るための意識づくりを簡単に行うことができます。

ちなみに理想のくびれのサイズの簡単な算出方法は、身長×0.38です。
慎重が155センチの場合155×0.38=58.9センチとなります。

まずは姿勢から

1週間でお腹をくびれさせる1番簡単な方法は、姿勢を正すことです。

日本人の骨格は猫背になりやすいようにできています。

猫背はお腹の筋肉を衰えさせます。
くびれを作るのに特に必要なのは腹斜筋という筋肉です。
自分が猫背だという自覚のある人は食事をするときも、歩いているときにも自分の姿勢に気を使ってください。
それだけで、あならのくびれは蘇ってきます。

ウエストねじり

次に1週間でお腹をくびれさせる簡単な方法は、ウエストをねじることです。
エクササイズや体操は持続しないというひとでもウエストをねじるだけなら簡単だし長続きするはずです。

わたしのおすすめはお風呂でウエストをねじることです。

くびれを作るために大切なことはいくつかあります。
その中にお腹を冷やさない・お風呂にはゆっくり浸かることも大切なこととして含まれています。
お風呂でウエストをねじることでくびれを作るための条件が揃うのです。

お風呂でくびれを作るための方法としては、お風呂に浸かりながら膝を左右に倒しながらお腹をひねるだけです。
筋肉が動いていることを意識しながら行うとなお効果的です。

もっと効果を実感したいなら

もっと効果を実感したいと考えるならエクササイズや体操を積極的に取り入れることをお勧めします。
有名なエクササイズだとオチョダイエットがくびれを簡単につくるためのエクササイズとしてあげられます。
腰を八の字に回すことで腹斜筋を鍛えて、脂肪を燃焼してくれます。

注意してほしいことはお風呂でウエストをねじるときにもオチョダイエットをするときにも無理にウエストをねじることだけはしないでください。
ゆっくりと筋肉を意識しながらくびれ作りをしてほしいのです。
無理に行ってしまうと腰を痛めてします。

タイトルとURLをコピーしました