1週間でお腹をへこませる美味しい食事があった!

読みもの

1週間でお腹を食事で美味しく楽しくへこませるなら置き換えダイエットが最適です。

置き換えダイエットは1日3食のうちの何食かを決まった食品に、置き換えるだけのダイエット方法の事です。
置き換える食品にカロリーの低いものを選ぶ事で、1日全体での摂取カロリーを少なくして代謝以下にすることで痩せていく効果を期待します。

一般的には、運動をすると多くのエネルギーを消費するイメージがありますが、実は1日の消費カロリーの6割~7割はなにもしなくても勝手に消費されるカロリーである基礎代謝によるものです。

多くのエネルギーがこの基礎代謝で消費されるのであれば、ダイエット時のポイントは余分なエネルギーを出さないことです。
消費されずに余ってしまった分が体脂肪として蓄積されるため、エネルギーを余らせないことと、既に蓄えられた脂肪を燃焼させ消費させることが重要です。

置き換えダイエットは、通常の食事に比べてカロリーカットをしやすく、無駄なエネルギーを出させない点が利点です。

また、特定のダイエット食品では味になじまないと挫折をしがちですが、置き換え食品は多岐にわたるので、ご自身の好きな食品を選択することが可能です。
美味しく、楽しく実践できることから、幅広い年代で支持されています。

人気があるダイエット方法だけに、非常に多くの種類の置き換える食品があり、食品選択で悩む方も多いでしょう。
置き換える食品の特徴をしっかりと理解し、ご自身の目的にあった食品を選ぶことが1週間でお腹をへこませるには非常に大切です。

自分に適した食品の種類を選ぶ

好きな味の食品選ぶことが、長く継続していくためには重要です。
それぞれの食品の特徴などを理解しましょう。

野菜や果物を使ったスムージーは栄養も豊富で美容に効果的です。
スムージーは超低カロリーなので、大幅なカロリーカットが可能です。

ビタミン、ミネラルなどの栄養素はしっかりと含まれているので栄養不足の心配はありません。
お菓子系置き換え食品にはクッキーがあります。

クッキーはプレーンからゴマ、抹茶、チョコチップ味など色々な種類の味があり、飽きがこないように工夫されています。
そして、水分を含むと膨張されるオカラが配合されているので、腹持ちがよく空腹によるストレスが溜まりにくいのが特徴です。

青汁はマズいとイメージを持っている方も多いかもしれませんが、フルーツ青汁は爽やかに味わいで美味しく飲めます。
青汁の特徴はやはり栄養素が豊富に含まれていることです。
ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく配合され、日常の食生活で不足している栄養を補うことができます。

置き換えは1日1回が鉄則

置き換えダイエットは何食で実施するのが最適であるかというと、基本的には1食をおすすめします。
確かに、2食・3食と置き換える回数が増えれば、それだけカロリーをカットできるので、一時的には痩せるかもしれません。

しかし、置き換えダイエットは栄養バランスに偏りが出てしまいやすく、咀嚼回数が減るというデメリットもあります。
そのため、2食、3食と置き換えてしまうと、太りやすい体質になってしまいリバウンドしやすくなってしまったり、健康上問題をきたす可能性があります。

また、2食置き換えてしまうと、残りの1食の時に、体は栄養を一気に吸収しようとするので、反対に太ってしまう可能性もあります。

置き換えダイエットは、人それぞれの体型・体質・食事や生活習慣によっても相性が異なるので、長く継続していくためにも自分に合う置き換え食品を選択する事が重要です。

そして、1食でも十分な効果は期待できるので、1週間でお腹を理想的な状態にさせるために効果の高い食品で1食に置き換えることを基本としましょう。

タイトルとURLをコピーしました