誰でもできる!1週間でお腹を割る簡単な運動!

読みもの

ダイエットをして理想の体重まで落とせると基本的に成功になりますが、なぜか納得する事が出来ない場合もあるでしょう。
そのような時はお腹が割れていないので体型が不自然に見えてしまうケースが多いです。
体重を落とす事は出来ても体脂肪は落とせていないのが要因になっています。
納得するために1週間でお腹を割りたいですが、どのような運動をすれば出来るのか紹介していきましょう。

プランク

体脂肪が高くてお腹が割れていない場合は体幹トレーニングを行うのが効果的です。
体幹トレーニングをするとインナーマッスルもしっかり鍛える事が出来るので脂肪燃焼効果が高まります。
1週間でお腹を割るのに効果的な体幹トレーニングはまずプランクが挙げられます。
プランクはうつ伏せになって両肘を突きながら足を伸ばした状態で30秒から1分ぐらいキープしていきます。
すると腹筋を中心に適度な負荷がかかり鍛えられるので毎日続ければ1週間でお腹を割る事も可能です。
自宅で手軽に出来る運動でもあるのでまずはプランクを取り入れてみるといいでしょう。

サイドブリッジ

1週間でお腹を割る時は腹筋を鍛える事も重要ですが、それと同時に腹斜筋も鍛える必要があります。
腹斜筋を鍛えないと脇腹の脂肪を燃焼させる事が出来ないのでお腹も綺麗に割れません。
腹斜筋を鍛える時は体幹トレーニングの一つのサイドブリッジがおすすめです。
サイドブリッジはまず横向きになって片方の肘を突きながら体を持ち上げた状態をキープします。
足首、両膝、体幹の中央が一直線になるようにするのがポイントになります。
キープする時間はプランクと同じで30秒から1分を目安にするといいでしょう。
毎日続けると腹斜筋に適度な負荷がかかり鍛えられるので毎日続ければ1週間でお腹を割る事も可能です。
プランクと併用して取り入れてみるといいでしょう。

夜に炭水化物を抜く事も重要

1週間でお腹を割る事が出来る運動はプランクとサイドブリッジの2つの体幹トレーニングが効果的です。
しかし運動をしていても脂質や糖質を摂取していると再び脂肪が蓄積されてしまうので1週間でお腹を割るのは難しくなってしまいます。
そのためには脂質や糖質を摂取量を抑える必要が出てきます。
ご飯やパンなど炭水化物を食べていると脂質や糖質を摂取量が多くなるので注意が必要です。
特に夜になるとエネルギー消費が少なくなり脂肪も蓄積されやすい状態になるので夕食は炭水化物を抜いた食事をするようにしましょう。
また朝食や昼食でも炭水化物は控えめにするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました