【対策】写真写りが悪すぎる人にこれだけやれば写真美人になれる!

読みもの

写真写りが悪すぎるために、写真を撮られるのが大嫌いと思っている方も多いと思います。
写真写りが悪いと、損することが多いばかりか、学校の集合写真や修学旅行、旅行に行った時など、思い出の写真を撮る時も楽しくないのではないでしょうか。
写真写りが悪い人には原因があります。きちんと対策することで、今すぐにでも写真写りが良くなるようになりますよ。

写真美人への道①

まず、正面から写真を撮られないようにしましょう。
人間の顔は左右非対称でできているので、正面から顔を撮られると、アンバランスで、違和感が出てしまうこともあります。
免許証などの証明写真を想像すればわかりますが、免許証は真正面から撮られるだけでなく、上下などの角度もあまりつけられれないので、写真写りがイマイチになってしまうパターンが非常に多いです。
写真を取られる時は、角度に注意しましょう。
「左右どちらかに少し顔を向ける」と、表情の違和感を防ぐことができます。

写真美人への道②

また、あごを引いて撮ることで、二重あごを防ぐことができます。
痩せている人でも角度によっては二重あごに見えてしまうので、大事なポイントです。
また、目線をカメラの少し上に置くことで、日の光が入り、目が輝いて見えます。
写真写りが悪すぎる人は、写真を撮られることに自信がなくて顔がうつむきがちなので、きちんと目線を上に向けましょう。
「眉毛を少しだけ上にあげる」と、表情が明るくなったり、目が大きく見えるという効果があるので、実戦してみましょう。

写真美人への道③

写真写りが悪すぎる人は「表情」に気をつけます。
写真を撮られる時は笑顔が理想ですが、「作り笑顔」や「こわばった顔」は、かえって印象が悪くなる恐れがあります。
自然な笑顔を作る時は、写真を撮られる前に「楽しいこと」「嬉しいこと」を頭の中に浮かべましょう。
また、他の人が誰も笑ってないのに、自分だけ笑うのはおかしいという場面もあります。
そういう時は、はにかむ程度の自然な笑顔にすると良いでしょう。

写真美人への道④

次の対策は、身だしなみに気をつけるということです。
ヘアスタイルが整っていないと、全体のバランスが崩れてしまいます。
寝癖はついていないか、髪の毛はボサボサになっていないか、髪の分け目などにも注意を払いましょう。

写真美人への道⑤

もう一つ大事なのが姿勢です。
どんなにキレイな人、カッコイイ人でも、猫背になっていたり、姿勢が悪いと、写真写りが悪くなってしまいます。
背筋を伸ばし、少し胸を張るようにしてすると、自分に自信があるように見られ、魅力的になるでしょう。
その時に、おなかをへこませるようにすると、体のラインがキレイに見える効果があります。

写真写りが悪すぎると、世の中損するばかりです。
面接時などの書類審査で悪印象、SNSやマッチングアプリで誰からも相手にされない、思い出の写真を撮る時に写真に写りたくないなどです。
女優さんやモデルさんは普段からカメラに撮られることに慣れているので、写真で撮られた時に自分がどう写るのか、撮影する前から見えています。
だから、自信たっぷりなのです。

現在は、スマホなどで簡単に写真が撮れます。
自分が一番良く見える角度や自然な表情など、日頃から写真を撮る練習をし、写真写りが悪くならないように対策しましょう。

タイトルとURLをコピーしました