写真写りがよくなる方法があるって本当!?短期間でできる〇つの方法!

読みもの

写真写りが悪い人は写真が苦手で避ける傾向がありますが、集合写真や履歴書の写真、運転免許証の写真など避けることが出来ない写真も存在するのでこれから写真写りが良くなる方法を紹介していきます。

顔の角度がポイント

写真写りが悪い人の中にはその理由が顔のバランスにある場合があります。だから自分が良く見える角度を知っておくことが大切で、その角度で写真に撮るようにしましょう。人間の顔は左右非対称なので証明写真の写りが良くないという人は正面からの撮影だから顔のアンバランスが目立ってしまいます。だから左右に少しだけ角度を変えることで写真写りが良くなるケースがあるのです。基本的に左側から写真を撮ると可愛い印象になり、右側からだと知的な印象を与える人が多いと言われています。

写真写りがいい人を参考にする

写真写りが良くなる方法の1つとして上手な人のマネをすることをお勧めします。写真写りが悪い人は写真を撮られるのが下手な人ということが出来るので表情、姿勢、顎の引き方、顔の角度などを写真写りが上手な人はどうしているのかを確認してみて下さい。また写真を撮られることが不慣れな人程写真写り悪い人が多いので、まずは慣れることが重要です。携帯のカメラ機能を使用して自撮りをしてみれば自分の魅せ方が分かってきます。

リラックスする

写真写りを良くなる方法としてリラックスして写真を撮ることが重要です。人は緊張すると顔がこわばってしまって写真写りが悪く見えてしまいます。いつも緊張した表情で写真に写っているという人はカメラの前に立つ前にゆっくりと深呼吸をしてみて下さい。シャッターを押す直前に息を吐き出して目を開けて笑顔になることを意識すると自然な笑顔の写真が撮れます。

ヘアセットやメイクを工夫する

顔に印象というのはヘアセットやメイクで大分違ってきます。ヘアスタイルがボサボサな状態では顔全体のバランスが悪くなりますし、前髪が長いと暗い印象を与えてしまいます。だから写真を撮る時にはヘアスタイルをきちんと整えるようにして下さい。あと顔が大きく見えてしまうという人はヘアスタイルを変えることで小顔になることが可能です。また女性の場合は写真を撮る前にメイク直しをする、写真に映えるメイクを学ぶことも大切です。インターネットで情報を収集すれば写真写りが良くなるメイクのテクニック等も紹介されているのでいろいろなサイトをチェックしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました