写真写りが悪いのは目が小さいせいかも!?

読みもの

何気なく写真を撮った時、写真写りが良い人と悪い人がいますよね。
写真写りが良い人は、SNSでも華やかで綺麗に見えますからとても得です。
その反対に写真写りが悪い人はどこか冴えなくて地味に見えてしまいますので、SNSでちょっと損ですよね。
写真写りの良し悪しは、SNSを行う人が多い今の世の中では結構大きく影響してしまいます。
ではなぜ写真写りが悪いのかということですが、その原因はもしかしたら目が小さいせいかもしれません。

写真写りが悪いのは目が原因!?

人の顔の印象でウエイトを占める部位といえば、やはり目ですよね。
目が小さい人は、写真を撮った時目の印象がどうしても弱くなります。
目が小さいので、全体的にボヤッとしがちです。そのため写真写りが冴えなくなってしまう、と考えることはできないでしょうか?

目が小さいせいで写真写りを損しているのだとすれば、ちょっと納得できないですよね。
写真写りが悪い原因は目が小さいせい以外にもいろいろ考えられますので、目が小さいだけが原因だと一概に断じてしまうことはできないでしょう。

ただ可能性の1つとして、そうなりやすいということは覚えておいたほうが良いかもしれません。
そして目が小さいことをカバーできるよう工夫することが、その対策になります。

メイクで目を大きく見せる

女性の場合、メイクで目を大きく見せることはできますよね。

実際に目を大きくするわけではありませんが、メイクによって大きく見せることはできます。

たとえばオフェロメイクのように目を自然に大きく見せてなおかつ顔全体で女性らしさを強調すれば、写真写りの悪さが自然と解消されやすくなるでしょう。

目が小さいせいで写真写りが悪いとわかっているなら、メイクで対策していく方法もありますよね。
目が小さいことを目立たなくするようなメイクにすれば、写真写りを改善できる場合があります。

目をしっかり開いて大きく見せる

目が大きいや目が小さいといった特徴は遺伝的なものですから、基本的にはどうすることもできません。
目が小さいせいで写真写りが悪いのだとしたら、ちょっと納得しない気持ちがあって当然です。
ただ女性の場合は、メイクによって目を大きく見せることはできます。

またもっと根本的な部分で考えるなら、目をしっかりと見開いて写真を撮れば写真写りが良くなりやすいです。
あまりに目を見開き過ぎるとそれはそれでおかしな印象になってしまいますからその加減は必要になってきますが、目をしっかり開くことは大切です。
その点を気をつけて写真を撮れば、写真写りが良くなる可能性は十分あります。

写真写りが良いに越したことはない

写真写りに関しては実際に会うと見た目がよく見えるという人の中にも悪いと感じられることもあり、それがコンプレックスになっていて写真に写ることを避けたいという人もいます。
写真写りが悪いくらいでは人生にとって大きな影響はないと考える人も多いのですが、特にお見合い写真や履歴書に添付する写真においては人柄をある程度把握するための重要な判断材料となることから、より写真写りをよくしたいと思うものです。

中にはスマートフォンの画像編集アプリを活用して写真写りを少しでもよくしようと修正したうえで提出するための写真を作ったりSNSなどに画像を載せる人もいるのですが、ほとんどの画像編集アプリでの修正は目を大きくするのがポイントになっています。

そのため写真写りが悪い人は目が小さいということが1つの理由として考えられます。
目が小さいことに関しては写真写りに関してのみならずコンプレックスになるものですが、かつては目を大きく見せようとするにはマスカラやアイライナーといったアイメイクをすることくらいしか方法がありませんでした。

しかもアイメイクはある程度技術のいるものであり、メイクに慣れていない人ではそれだけで目を大きく見せるのは難しいものでした。
しかしながら現在ではアイメイク以外にもアイテムを使って目を大きく見せて写真写りをよりよくすることが可能です。

カラーコンタクトを活用する

カラーコンタクトは現在多数の商品が販売されているのですが、その中には目の色を大きく変えずに瞳の大きさを変えられるものがあります。
いわゆるサークルレンズというものですが、このタイプのカラーコンタクトを装着するとどんなにアイメイクが上手にできない人でも目をいっぺんに大きく見せることが可能です。

従って現在は目が小さいというコンプレックスはある程度解消され、目が小さいことで写真写りが悪くなるというリスクを避けることは可能です。
カラーコンタクトに関しては旅行や行事などで写真を撮影する機会が確実にある日にはもちろんですが、今はスマートフォンで気軽に写真撮影ができるようになっているということで普段から写真写り対策をしておくことが重要になってきます。

カラーコンタクトは度が入ったものも販売されていて、視力矯正のために使用することも可能です。

なので普段から着用しておくことで写真をいつでも撮影してもいい状態にし、目が小さいことによる写真写りが悪いというお悩みを解消することが可能になるのです。

タイトルとURLをコピーしました