写真写りが良い人の特徴は“ココ”にあった!

読みもの

友人や知り合いの中にいつも写真写りが良い人がいたという経験をした方も多いと思います。
写真写りが良い人は、ちゃんとした特徴があります。
その特徴を理解することで、自分も写真写りが良くなりますし、インスタやブログなど、他の人が可愛く写っている写真を見て、改めて写真写りについて考えるきっかけになるでしょう。

写真写りが良い人の特徴①

まず、写真写りが良い人の特徴で大事なのが「表情」です。

例えば、「仏頂面」や「暗い顔」をしている人を想像してみて下さい。
どこか不機嫌そうであまり印象がよくありませんね。

良い写真に似合うのは「笑顔」です。
笑顔からは「性格の良さ」だったり、周りの人を元気にする力があります。
それだけでなく、笑っている人は自分に自信を持っているように見えるので写真写りがグーンと良くなります。

笑顔にもコツがあり、歯を見せて笑うより、口を閉じていた方が上品に見えますし、女優さんの写っている写真を見ると、歯の上の部分だけ見せて笑っている写真が多いという特徴があります。
下の歯が見えてしまうと、品のなさやガサツな印象を与えることがあるのです。
笑顔も、作り笑顔より、自然な笑顔の方がとても美しいですね。

写真写りが良い人の特徴②

写真写りが良い人は、笑顔だけでなく角度にも特徴あります。

人間の顔が左右非対称なのは有名な話です。
正面から写真をとると、顔のアンバランスさが強調され、写真の写りが悪くなることもあります。

どちらか自信のある方に少し傾けると良いでしょう。
個人差はありますが、人間は左側から写真を取ると「可愛い」、右から撮ると「クール」な印象を与える特徴があるそうです。

自分の性格や場面に合わせて左右どちらに傾けるのか考えると良いでしょう。
あごを下げて、顔の上から撮ると、顔の面積が減るので小顔や目が大きくなって写ることもあります。

このように、角度によっては自分のコンプレックスを隠すことが可能です。
インスタなどを見ればすぐにわかりますが、写真写りが良い人は、カメラを取られる時の角度にこだわりを持っている人が多いのです。

まとめ

写真写りというのは、洋服のコーディネートだったり、ヘアスタイルにとか、メイクなどもその日のコンディションも影響していきます。
自分の性格や雰囲気を理解することで、写真そのものの雰囲気を変え力にもなります。
光をキレイに当てる角度、スタイルを上手に見せる角度、写真写りを良くするための工夫はたくさんあるのです。

写真写りの良い人の特徴はいっぱいありますが、彼らは自分のことを理解し、笑顔の練習をしたり、角度にこだわりを持っていたり、日頃から研究や努力を積み重ねているのでは
ないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました